たんど〜る

練習内容

サッカーの原理原則を理解し、「観て→分析→行動+責任」を大事にして練習しています。

TIGREY 岐阜フットボールクラブ U-15

中学生:失敗から学び、攻守にハードワークする練習をしています。

RISE UNITEDの方向性

全般
トライ&エラー 失敗から学んで工夫する
ゲーム
・タフに闘う
・攻守にハードワークする
・いろいろ経験させながらポジションの役割を理解する
戦術
・強い個
・チームの中で役割を果たす
・人との関わりの質を高める(効果的)
技術
・プレッシャーの中でも安定したプレーの発揮
・スピード、パワーを高める
・質にこだわり精度を高める
・動きながらのスキル
フィジカル
・スピード、パワー、有酸素
コーチング
・自立に向けてのサポート
コミュニケーション
・自己表現し責任を持つ

 


TIGREY 岐阜フットボールクラブ U-12

小学生:ミスを恐れない、判断を伴う技術の練習をしています。

全般
基本の徹底 ミスを恐れない、結果だけでなく過程も大事、自分たちでやる機会、好き嫌いしない食生活、 規則正しい生活習慣
ゲーム
少人数 ボールに関わる機会の確保、常にゲームに関わる、判断を伴う技術の発揮、ポジションのローテーション
良いプレー、良いゲームをして勝利を目指す
戦術
人との関わり ボールを要求する
動きの習慣化 ボールに寄る、パスしたら動く、ボール保持者を助ける
フリースペースでのポジショニング
取られたら取り返す
守備のカバーリング
あきらめない
技術
リフティング 身体のバランス、ボールをとらえる
ボールを運ぶ ボールを扱う距離、顔をあげる、足の表面を全て使う
ドリブル 両足でボールをタッチ、フェイント、相手の逆をとる、リズムの変化、他のプレーとの連動
コントロール 状況に応じたコントロール、動きながらコントロール、ゴールを意識したコントロール
パス 両足、正確、パススピード、いろいろなキック、いろいろな球質
シュート 正確性(さまざまな状況で)
クロス キックの質、タイミング
ヘディング 正確性、身体の姿勢
フィジカル
コーディネーション・安定性、可動性
有酸素性能力・サッカーのトレーニングの中で高める
コーチング
サッカーの楽しさを伝える。今日の結果より明日のプレー。能力に応じたコーチング。情熱を伝える。PlayersFirst。
認め、育む。トレーニングはシンプルにする
コミュニケーション
喜怒哀楽を出させる、自己表現できる、大きな声で元気よく、励ます言葉、自己分析(振り返り)、
自立した判断のためのロジカルコミュニケーションスキル